虫歯を保険のきかないセラミックで治療する

虫歯は保険治療と自費治療で治すことができます。

保険は、基本的に金銀パラジウム合金と呼ばれる金属や、コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックで治療します。金属は見た目が良くありませんよね。
笑ったときに金属がチラリ…目立ちます。



特に若い女性は気にしている方も多いのではないでしょうか。

そこで、自費治療でセラミックという陶器の材質で出来たかぶせものがあります。色は自身の歯の色に合わせることができますので、天然の歯と違いがわかりません。


非常に見た目が良く、ほとんど変色しないという利点があります。
金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色もありません。
金属アレルギーの方でも大丈夫です。

コンポジットレジンと比べ、強度もあります。


歯垢や着色などの汚れも付きにくい材質です。セラミックは審美や強度も備えた優れた材質ですよね。

反対に欠点としては、陶器なので割れる場合があります。

自費治療なので値段も高いでしょう。歯を削る量も、比較的多いです。
前歯の場合、歯茎が下がると歯と歯茎の境目が見えてくることもあります。虫歯にはさまざまな治療方法があります。



セラミックにもオールセラミックや、ハイブリットセラミックなどの種類があります。

それぞれに利点、欠点がありますので、良くカウンセリングをしてもらいましょう。

お金がかかったとしても、良い治療法なのでオススメします。虫歯は早期発見が大事ですよね、小さい内に見つければ、歯を削る量が少なく済みますので、定期健診にはきちんと行きましょう。

口の中のトラブルと聞いて虫歯や歯周病と言う言葉が頭に浮かびますが、これらを歯科医院に行かずに放置してしまうと大変な病気にかかる危険性があり定期的な検査や治療が予防策につながります。

虫歯の痛みはズキズキとした痛みに襲われ、上の歯の場合は特に頭痛をともない鎮痛剤を飲まないと耐えられない状態となりますが、この状態を耐えて放置し続けると虫歯菌が血液の中に入り込み脳静脈血栓症になり死亡してしまうケースもありますので非常に危険な事態につながる可能性があります。
脳と虫歯は一見なんにも関係性がないように感じられますが虫歯は体の色々な場所に悪影響を与えます。

歯肉炎症や歯周病菌から造られる炎症菌が人間の体の臓器などに影響を与え心臓病のリスクを高める他に狭心症や心筋梗塞、動脈硬化を引き起こす可能性があります。


また女性が妊娠している場合には早産や低体重児が生まれるといったリスクが高くなり、糖尿病にかかっている方は糖尿病の進行が進んでしまいます。この様に甘く見て放置してしまうと、取り返しのつかない事態につながりますので、怖いからや痛いからと歯科医院に足が進まない方などはこれらのリスクがあるということを考えなければいけません。

しかしこの様な状態になってしまうと顎関節症になっている可能性があり慢性的な頭痛や首や肩の凝りにつながっていますので、顎の痛みなどを感じたら顎関節症を疑い口腔外科で診察を受けることが大事です。虫歯でお悩みの方は多いのではないでしょうか。
虫歯の予防方法については、国際歯科連盟(FDI)がランキングを発表していますが、1位と2位が日本では実施されていません。

そこで今回は日本でできる虫歯の予防方法をランキングにてご紹介します。

第1位はフッ化物洗口(FMR)です。

フッ化物洗口とは一定の濃度のフッ化ナトリウムを含む溶液で、約1分間程度うがいをする方法です。

市販の洗口剤で効果があり、洗口後30分間は飲食、うがいを避けることが望ましく就寝前の歯磨きの後に行うのが効果的です。

第2位はフッ化物配合歯磨剤を使って歯を磨くことです。

歯垢がつくる虫歯菌の働きを抑制し、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させ、歯の表面を酸に溶けにくい性質に変化させて歯質を強化することができます。

第3位はシーラント処置です。
奥歯の溝には歯垢や虫歯菌が溜まりやすいので、溝を洗浄しフッ素の入った樹脂で埋めます。

小児、学童期に有効ですが、家庭ではできず歯科医院で処置を受けることになります。

第4位はフッ素散布です。


1歳児くらいの頃からが効果的で、念に2回から3回ほど歯科医院で処置をうけることになります。

そのほかランキングの下位には、甘味制限や、キシリトールなどの代替糖の摂取があります。



菌の増殖に最も加担する糖をいかに減らすかということは、歯の衛生状態を保全するうえでの基本であり、上位ランクの方法と併用することで効果向上が期待できます。