ワキガの治療法はレーザーが効果がある

ワキガはアポクリン汗腺という汗腺からでる汗が原因でおこります。

アポクリン汗腺は脇の下やお臍のまわりなど体のごく一部に存在する汗腺で、アンモニアや鉄分など色々な成分を含んだ乳白色の汗を出します。

アポクリン汗腺から出る汗を皮膚の上にすんでいる雑菌が分解すると臭いが発生します。


ワキガの治療法はアポクリン汗腺の働きを抑えたりアポクリン汗腺を除去することで行なわれます。

アポクリン汗腺は毛が生えている毛穴につながっています。


そのためレーザーで脱毛をする医療レーザー脱毛を受けると軽度のワキガには効果的です。


レーザーは毛が生えている毛根を熱によって破壊します。

一緒にアポクリン汗腺ごと破壊するため、汗をかくことがなくなり体臭がしなくなるのです。

また同時にエクリン汗腺という普通の汗を出す汗腺も破壊することができるので、脇下に汗をかかなくなり雑菌の発生を抑え臭いを軽減するのに効果的です。


治療時間も1回が5分と短くてすみ、脱毛も一緒にできてしまうというメリットもあります。レーザー脱毛は皮膚の上から照射して行ないますが、もっと重度のワキガの場合にはスマートリポレーザーを直接毛根部に差し込んで毛根に熱を与え汗腺を破壊する治療法がとられます。
毛根に直接エネルギーを加えるので効果が高く、中程度以上のワキガの場合にとられる治療法です。


もともとセルライト除去のために開発された方法で、体に負担が少なく治療時間も30分と短くてすみます。

私は生まれつきというか、気づいた頃には歯が黄色いと友達に言われたりして育ってきました。


なぜぼくの歯は皆のように白くないのだろうか、そんな疑問を持ちながら大人になりましたが、それは生まれた時の身体の大きさが皆違うように、体質であることがわかりました。
そうなれば、それとうまく付き合っていくか、もしくは自分で何かしらの方法を使って変えていくことが必要です。私は営業職ですので、歯は白い方がもちろんいいのです。さっそく審美歯科に行ってみました。

銀座の歯医者情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

そこで勧められたのがレーザーを使ったホワイトニングです。
他の方法ですと、マウスピースに薬液をつけて、そのマウスピースをはめておくという方法などもあるのですが、期間が結構かかるようでした。

私が選んだレーザーホワイトニングは、1回あたりの時間は少々かかるのですが、通う回数が断然少ないのと、即効性があること、それから虫歯になりにくくなるという色々なメリットがあるものでした。さっそくカウンセリングをして、写真を撮ったりして説明をされたりして施術の開始です。

光が目に入らないように、特殊なめがねをしたり、あとは顔全体にアルミホイルをかけられました。

ホワイトニングのレーザーは痛みがほとんどないので、少し暖かいという感じで寝てしまいました。

液は2種類を2回にわけて使っていたと思うのですが、寝てしまっている間に終わってしまいました。
びっくりしたのは、1度の施術で白くなったことです。
みなさんは歯のことを大切に取り扱っていますか。

私はこの歯のことで、今非常に後悔をしているところなのです。

みなさんには私のようなことにならないように、少しでも私の体験がお役に立てればとの考えでお伝えしたいたします。

銀座の歯科に対する期待が寄せられています。

歯の健康と一口に言いましても、その解釈の仕方は非常に広く考えられています。


私が今後悔していることは、世間でも一般的な虫歯のことなのです。
誰しも虫歯に一度はかかってしまうことがあるはずです。

問題なのは、もちろん虫歯にかからないように予防をすることが大切なのでしょうが、一度虫歯にかかってしまっても、その後の対応をしっかりとやっていただきたいということになるのです。

この後々の対応を如何にするかによって、その後の様子が大幅に変わることになります。


私がかかってしまったのが奥歯でした。

その奥歯でも一番奥の裏側なのです。



ですから正直しばらくは全く気がつかなかったのです。

口を開けて鏡に向かってみましても、奥歯の裏側ですから自分では見えることがありません。そのようにしばらくの間過ごしていましたら、だんだんとしみてくるような痛みを感じるようになってきました。


その痛みですが、日が経つに従って痛むようになってきたのです。もうどうしても痛くて我慢できなかったので、歯科医に診てもらったところ、その時には進行がかなり進んでいるということでした。


結局奥歯を抜く羽目になったのです。


もう少し早く気がついていれば、このようなことにはならなかったのです。
私はもうこの状態で生涯付き合っていかなければならなくなってしまいました。