前歯に虫歯があり治療しました

少し前から、歯を磨いている時になんだか前歯の辺りがしみるような感覚がありました。
体調の影響か、一過性のものだろうとそのまま放置していたのですが、しばらく経っても同じ状態が続くので、さすがに心配になって歯医者に行ってみました。



何でもないといいんだけど、と思いつつ、診察を受けたところ、前歯に虫歯があることがわかり、すぐに治療をする必要が出てきてしまいました。もともと私は前歯の歯並びが悪く、歯医者に行くと毎回のように、歯並びの悪いところは磨き残しが多くなりやすいから、毎日の歯磨きの時は特に気を付けるようにと言われていました。

前歯は目立つ箇所なので、私も虫歯になるのは嫌だという気持ちから、いつも念入りに磨いていたつもりでいたので、今回の虫歯がわかったときは結構ショックでした。

ですが、まだ初期の段階だったことがせめてもの救いです。

ちゃんと治療をしてもらい、もう一度正しい歯の磨き方を教えてもらって帰りました。
歯を削ったりするあの音が苦手だという人も多いと聞きますし、歯医者に行くのが好きだという人はあまりいないと思いますが、私ももう虫歯で歯医者に行くのは嫌です。

それに場所が前歯だと、見た目にもよくないので、本当に気を付けなければと気を引き締めました。これからは、ちゃんとしてできているつもりの自己流の磨き方ではなく、プロから教えてもらった方法でしっかりと毎日欠かさず歯を磨いていこうと思っています。若いころは唾液の分泌も豊富で、他の人よりも比較的虫歯も少なく健康的な口内環境を保っていました。
また口臭などもほとんどなかったように感じます。
しかし加齢とともに40歳も過ぎると、非常に口の中が乾くようになってきたのです。おそらく唾液の分泌も減少していき、口の中が乾燥しやすくなってしまったのだと思われるのです。
子供にもお父さんのお口が臭いとも言われるようになってしまいました。

口が極度に乾燥しているからだと分かっています。

さらに追い打ちをかけるように、口が乾燥して親知らずが虫歯になってしまったのです。


歯医者からは、唾液分泌が低下し、自浄作用が働かなくなり、虫歯になったのだと指摘されました。
またこの親知らずは隣の歯にまで虫歯を進行させる危険性があるので抜歯するしかないと言われてしまったのです。

下顎右の親知らずであり非常に根が深く、口腔外科に紹介書を書いてもらいそこで抜歯することになったのです。



抜歯の際は麻酔をするのであまり痛みを感じませんでしたが、麻酔が切れて歯茎がうずき、ズキズキ痛むようになりました。



もう二度と親知らずなど抜歯したくないと痛切に思いました。

歯科医は、年齢を重ねれば重ねるほど唾液の分泌が低下するので、それをカバーするためにも歯磨きを頻繁に徹底させなければいけないと言われました。


いままでお昼ご飯を食べてから歯磨きなどしたことはなかったですが、二度と虫歯になりたくないので歯磨きを徹底させているのです。

歯の構造は、エナメル質、象牙質、白亜質、神経で構成されています。
う蝕の程度に応じて治療が多様化しています。

エナメル質は歯の構造の中で最も堅いので、初期に歯が腐敗する時は小さな穴が開いた後、エナメル質の下の象牙質に急速に広がっています。


虫歯が進行して神経に近接する時痛く感じられます。
その原因は、口腔内細菌が砂糖、米粒などの炭水化物を分解して生じる酸によって歯が溶ける過程です。

したがって、食後やおやつの後に歯磨きをよくして、虫歯菌のエサとなる食べ物のカスが口の中に残らないようにすることが重要です。


歯科治療で虫歯が深くなくて神経まで達していない場合は、通常アマルガムという材料を主に使用したが、黒く変色して簡単につぶれて虫歯が再発することが多いので、最近では、主に歯の色の樹脂またはゴールドインレー、セラミックインレーを使用して治療します。

歯科治療で虫歯がひどく歯の神経組織まで侵入した場合には、神経の治療を受けなければなりません。

神経治療とは、歯の神経組織をすべて除去した後、歯科用代替物質で、元の神経系があったスペースを埋める治療です。

治療期間は通常3?5回の治療を受けることになりますが、ひどい場合には、治療期間が長くなることがあります。

歯の神経治療をするようになると木を切って置いたときのように水分がすべて抜けてしまって、食べ物を噛むときに簡単に壊れます。


したがって、神経治療後は、歯を全体的にかぶせなければならず、これ金冠(crown)といいます。